top of page

はじまりの問い - 「いかしあう」ってどういうことだろう?


こんにちは!


4月から「いかしあうデザインビレッジ」にリニューアルし、「48のステップ」としてはじまりの問いを2つ投稿したけど、読んでみたかな?


まだの人は、「生きる」「豊かさ」についても時間を作って考えてみてね✨





今日のステップは、3つあるはじまりの問いの最後「いかしあう」について。やっていきましょう!


 


◉はじまりの問い - 「いかしあう」ってどういうことだろう?


菜央 さて、この 「いかしあうデザインビレッジ」(略称いでむら) の名前にもなっている「いかしあう」だけど。


「いかしあう」っていうのは、命の基本原則みたいなものなんだよね。別に僕らがそれを発見したわけでもないし、もっと言うと僕らが参考にしているパーマカルチャーを確立したデビッド・ホルムグレンとかビル・モリソンが発見したわけでもない。


生き物を一匹選んで、月の上に置いたら、あっという間に死んでしまう。命は、他のあらゆる命のつながりによってはじめて命として存在できる。38億年続いてきた、命の連綿としたつながりの中に、僕という命も、あなたという命もある。


もう少し言えば、命がほかの命を生かす、命の巨大な網の目が、ひとつの命を生かしているし、一つの命が、網の目全体をかたち作って、支えているんだよね。いのちは、一つひとつの存在だけじゃなく、網の目のつながり全体を含むんだ


近代化によって消し去られなかった、世界各地に残っていたり守ってきた古来の文化や先住民の文化は、人間は自然のいのちの網の目によって生かされている、という「命の基本法則」に則って生きてきたし、社会をつくり、繁栄していたわけだよね。


古来・先住民の文化には、世界はどのように成り立っているかという物語、その中でどのように生き、社会をつくるべきかという道徳がある。その中には、生命の網の目の回復力を超えて、そこから奪ってはいけない、という戒めや、命の網の目を豊かにすることを奨励する考え方がたくさん含まれている。


基本的に、文明は「命の法則」から外れたら、繁栄し続けることはできない。僕は今の日本を含む現代文明はこのままの道筋を歩き続ければ、崩壊に至ると考えているけれど、それはまたの機会に話したい。



それでも現代社会は、「命の法則」の土台の上に成り立っている。言わば、いのちのギフトの上に成り立っている。僕らが呼吸している酸素は、世界中の木々がせっせとつくってくれている。文明を駆動している石油は過去の植物の死骸。高層ビルのガラスも砂から。スマートフォンを動かすCPUのの素材はシリコン(ケイ素)で、土から掘り出す。


つまり、目に見えるものすべては自然界から来ているんだ。歴史上のすべての母が大変な思いをして子どもを産んでくれるから、人類はずっと続いてきたし、社会が成り立ってる。


問題は、現代社会が「命の法則」を尊重せず、そこにタダ乗りしていることにある。使えば使うほど、ギフトをくれる生命の網の目がすり減っていく。


つまり、今の時代にも「いかしあう」要素っていうのは山のようにあるわけで、それは実際のところ「豊かさ」の源なんだ。



ほんとに些細なことから、大掛かりなことまで、いろいろある。たとえば急坂の途中に置かれてるベンチ。誰が置いたのかわからないけど、足腰が弱ってきたお年寄りには嬉しい。僕も子どもの頃に通った駄菓子屋は学年や学校を超えたつながりをつくってた。ここ10年くらいでずいぶん増えた、自宅を解放したりしてつくる民間図書館「まちライブラリー」もそうだよね。


それから、僕の近所の話で言えば、「いすみ薪ネットワーク」。山の持ち主から依頼があると、みんなでチェーンソーを持って山に入る。みんなで薪をつくって、各家庭の薪ストーブに使う。世代を超えて山のことを学んだり、共に作業をして楽しい。山も整備されるし、獣害被害の防止にもなる。そんなふうに、さがしてみると、山のようにあるのだ。



そういうわけで、その「いかしあう」が見えるメガネをかけて見つけてみよう!というのが今週のお誘い。


生命と環境の相互作用の中で、命が生かされることを通じて、ほかの命を生かし、それがまたあらゆる命を活かしていく、豊かに繁栄していくつながり。


生命と環境が相互作用する渾然一体の場の中で、命が生かされることを通じて、ほかの命を生かし、それがまたあらゆる命を活かしていく、豊かに繁栄していくつながり。



 


◉今週のお誘い



まずは「いかしあう」という視点、メガネを手に入れよう!


この記事を読んでみて思ったこと、浮かんだことなどをコメント欄で投稿してみてほしい。


長い文章でも、箇条書きでも、マインドマップ方式でも、絵でも、なんでもよいし、もし「これっていかしあうの事例かも?」と何か浮かんだらぜひみんなにシェアしてみて!



0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page