top of page

心のストレスを可視化する「いやリスト」のススメ

更新日:2023年6月1日



こんにちは!不安定な天気が続く今年の5月。みなさんの気分は最近どんな感じですか?


すごく晴れやかで調子がいいときもあれば、気持ちはどんより、身体もなんだかだるくて何もしたくない…… そんな日もあるかもしれません。


(私は昨日の土砂降りでもう動けない〜〜〜ってなり、あきらめて夕方に昼寝しました😅)



今週のテーマは「いやリスト」


その日あったいやなことをただただ書き出すというシンプルなワークだけど、やっていくうちに蓄積された心のストレスが和らぎ、身体に出ていた症状も軽減されるかも??


心と身体は密接につながっている。


花粉症や頭痛、腰痛などが、実はずっと溜め込んでいた「いやだー!」が原因だったとしたら?


動画を見て試してみよう!





 


〜ここからは、動画で2人が話していたことを抜粋して、メモとして文章にしました〜



◉「いやリスト」とは


一言で言うと、その日のいやだったことをとにかくリストにする!


何がいいのか?

・海:何年も悩んでいた花粉症の症状が20%くらいになった!

・菜央:ストレスの原因(重要なもの、そうでないもの)が可視化されると、対策が取れて楽になる。

ストレスのマッピングだね!


平和道場の1期生、小松学さん(まーちゃん)のマインドボディヒーリングが元になっている。

(それの大元は「TMS理論」と呼ばれるもの。「The Mindbody Prescription」)

※一番最後にリンクを載せています


さまざまな症状は心のストレスが原因!それらをちがう方法で消化することで、身体の症状が減っていく。


日々できる具体的なことの一つがいやリスト!



◉どうやってやればいい?


〜海のやり方〜


寝る前とかに、5分くらいバーっと書くことが大事(頭の中でやっても効果はあまりない)。とにかく考えずに書きまくる!


超最高!と思っていたとしても、小さい残念・期待外れなことなどはあって、それらも積み重なっていくから。書き出してみよう。


書いて終わり!とにかく1日を清算するのが大事。


〜菜央のやり方〜


調子が悪いときにやっている。


紙の真ん中に「いやだ」と書いて、周りに不安とかをマインドマップのようにバーっと書いていく。


スッキリするし、それらへの対策も思いつく。それだけで気分がいい!


◉「いやリスト」の効果

継続的にやることで、蓄積されているストレスが現れてくるし効果的。


NVC(非暴力コミュニケーション)のニーズの一つである「嘆き」。叶わなかったことを成仏させる方法。


気分が落ちるというのは、それだけ自分にとって大事ということ。そこに意識を向ける、優しく寄り添うことがとても重要。


いやリストはmicro mourning(微少な嘆き)。そして手放そう!


自分の全体性を見ることができる。常にポジティブ、前向き!を促す世の中だけど、それはものすごく抑圧的で余計にストレスが溜まる。



 


◉今週のお誘い


紙とノートを持って1週間「いやリストを作ってみよう!それでどう感じた?変化はあった?ぜひシェアしてね!



◉参考文献やサイト


・身体と心の自然体研究所 小松学さんのウェブサイト

「マインドボディヒーリングとは」


大切なのは、「イヤ!」自体を重要視しすぎないこと。「イヤ!」を認めたら、ただただ、ごめんね、もう大丈夫だよ、気づいているよ、と話してあげましょう。それだけで心は満足し、身体へ矛先を向けることを減らしてくれます。対症療法ではないので、治療行為ではありません。自分の習慣が変わる、つまり「イヤ!」に気付いてあげる、という変化により、症状が発生しないというプロセスを身につけていく行為です。

・サーノ博士(TMS理論)のウェブサイト

3件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page