top of page

「観察」して現実を捉える

更新日:2023年6月22日

今週のテーマは「観察」。一言で言うと「現実を捉える」で、観察ほど大事なものはない!


禅、NVC、パーマカルチャーなど、idemuraで扱っているもののベースにあるのが「観察」。


そして一番身につけたい技術が「意識的な」観察!


下の動画を見て、意識的に観察することを習慣にしてみよう🌱





 


親のいいものも悪いものも私たちが身につけているのは、それだけ幼少期から観察し続けてきたから。


自分で観察したことを現実にするのではなく、教えられた知識を現実にするような教育を受けているから不具合が起きる。

観察とは?

・自分にとって現実は何か?

・自分の中で何が起きているか?



◉海はどうやって観察している?


マインドフルネスベルも、観察のきっかけ。大事なのは、「感覚を感じてみる」こと。


ちゃんと身体を観察してみると、自分がどうしてこういう感覚になっているのか?どこに目を向けたほうがいいのか?が見えてくる。


身体の観察は、最初のステップとしていい練習!皮膚、呼吸(例えば息の温度、性質)など。


◉菜央はどうやって観察している?

常に身体中をチェックするようにしている。


ストレスが溜まってくると、違和感とかが溜まってきて良くない信号。そのあと体調が崩れたりするから、早くキャッチして対処するようにしている。


心の観察もやっている。


まず朝起きたら「今日どんな感じ?」。自分にチェックイン。それをもとに1日の予定を考える。


◉「識別」

分けることができるのが大事。


①思考に囚われている状態「あいつムカつく!」

②そういう自分がいることを俯瞰できる状態


そうすると、100%嫌な思考に囚われていない。余裕のある状態で、どうやって①をケアできるか?考えられる。


分けることができないと、その思考に飲み込まれてしまう。


中からも外からも観察する。


焦ったり不安になっていると、本当はしたくない行動を取ってしまうこともある。


観察してみて「本当に自分はこの行動を取りたいのか?」を選べるようになると、自分が本当に求めている選択ができるようになる。


◉パターン

自分のパターンを観察する。例えば、菜央はパソコンに3時間半向かうと調子が悪くなる。


調子が悪くなったということは、自分へのフィードバックループが帰ってきた!と思える。


それを捉えないと嫌な状況がずっと続くけど、観察して捉えると変えるきっかけになる。


 


◉今週のお誘い

①1日に1回、身体のスキャニングをしてみる。

頭のてっぺんからつま先までの皮膚の感覚。

身体と仲良くなる。知り合う。


②呼吸



やるタイミングは自分のタイミング!例えば朝やって習慣にするのもいいよね。


マインドフルネスベル、いただきますもいいタイミング!どうせやっているところに観察の実践をくっつけるとやりやすい。


1週間続けてみて、変化はあった?なかった?コメント欄でシェアしてね😁



0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page